こねこねブログ
Text Size :  A A A
|  ブログ  |  掲示板  |  mail  |
Img20090120212838


今月の我が家の電気代。8,909円。
エアコンつけてないのにこの値段。高すぎじゃない?

原因は何だ?何だ?・・・・・・・って思い当たることばっかり!

あんずの遠赤ヒーターは24時間つけっぱなし。
今現在あんまり使われていないチャトのあったかマットも24時間つけっぱなし。
生ゴミ処理機も暖房便座も勿論24時間。
毎日寝る前の布団乾燥機は当たり前だし、夜中は階段の電気はつけっぱなし。
待機電力が必要な物(ビデオとかオーディオとか)は全て消したことなし。
人が居る間は空気清浄機(2台)もつけっぱなしで、消し忘れたり猫にスイッチ入れられたりすると24時間つけっぱなし。
休日には使ってないのにパソコンが1日中ついていることも。

「節電」って言葉知ってる?と言われそうな反エコな我が家。
しかもその元凶は実はアタシ。

アタシの実家の電気の使い方はものすごい!
トイレの電気なんて1日中つけっぱなし。
人のいない部屋でも電気は普通についていて、今現在は父親と母親の2人しかいない家なのに
全ての部屋(トイレも含めて)の電気がついていることも当たり前の事。

なので幼い頃から「部屋の電気を消す」なんて教育がされるはずもなく、それを普通だと思い込んで育ったアタシは、
結婚してから夫に「使わない部屋の電気は消す!」と教育される羽目になっているのでございます。

結婚した当初は、台所で食事している間、人のいないリビングの電気を消すかどうかで夫と揉めた。
(家が古いので、リビングと台所は離れている)
家に人がにいるのにリビングの電気が消えているなんてありえない!とこれは今でもやっぱりつけている。

夜中の階段の電気は、夫に「なんでつけとくの?」と聞かれて
「だって夜中にトイレに起きた時怖いじゃん」と文句を言ったら「トイレに起きたことあるの?」と逆に聞かれ・・・・・・。
そういや夜中に起きたことないよね・・・・・・とこれは最近は消すようになった。
(それでも結婚して3年間はつけっぱなしで寝ていた)


なんだかな~。
食費なら思いっきり切り詰めることができるんだけど(アタシの実家もものすごい粗食だし)、
どーも電気代については切り詰めるという感覚が育たない。

三つ子の魂百までもなのか?
地球に優しくないなぁ。
(でも、こうゆう人いるよね?ね??)