こねこねブログ
Text Size :  A A A
|  ブログ  |  掲示板  |  mail  |
Img_5901f360bf471f23216bc65e83e3cc96
同期会は
Img_d6c17de06a647b2410016fb00f77f93b
サイエンスヒルズこまつ内の
Img_3f87078c11285b237481afcc714762c9
イタリアンカフェレストラン「リストランテ・ジン」


同期会ってほどでもないけれど、昨日は同期4人でランチ。
その後我が家に来てもらいました!

3人のうち、2人とはよく会っているのだけれど、
もう1人とは職場が別なこともあって会うのは20年ぶりくらい。
「どんな顔してたっけ?」ぐらい懐かしい(笑)。

むかーしむかしの採用された頃に話してた内容とは全く別の「中間管理職の悩み」話で盛り上がりました。
(管理職じゃないけど。)

「しかし・・・20年て・・・・・・こわいよねー」
「もう定年だってそんなに遠くないよねー」
「リタイア後のプランも考える必要あるよね・・・」

なんて話まで!
女40歳。(ほんとはもうちょい)
いろいろと考えてます(汗)。


話の内容も「そうそう!私もそう思う!!」ってことばかりで、
何?このツボを押さえた感じ!?
やっぱ同期だね!!


と、話は尽きず。
我が家に来てからも5時間はしゃべりまくってました。
(ひーこはその間、遊んでグズって最終的には私の膝でお昼寝してた)



みんなが帰った後は


 
Img_85f89bf315b0032108b2e022cdfc1627
夫の念願だった「七輪での夕べ」
Img_6b452f7e3805971001e742d0fc5a1688
ぐっすりお昼寝してご機嫌なひーこ
Img_0f5d801cba99f4804b73bac7fcec1b32
IKEAで買ってきたキャンドルとランタン。

もうちょい早くから明るいうちからやるべきだったかな?
真っ暗な中でするのはちょっと無理があって、ライトをもってきたりキャンドルつけたり。

昨日はお月様が綺麗に見えたので、それはそれで良かった。
普段お肉を食べないひーこも雰囲気につられて「美味しい♪」って何個かお肉を食べてくれてたし。

準備も楽だし、片付けも楽。
今年の夏は七輪での夕べが何度もできそう!
蚊取り線香を大量に買っておかねば・・・。




 
Img_61b753bc5ca414e2d14beeea869ad1ef
畳コーナーの窓にあるブラインドは
Img_c1c28040c7dd1b6b4c0a318c2e92b59f
普通のブラインドに見えて、実はちょっと違う。


「アカリナ」っていう商品名の閉じた方が明るくなる採光ブラインド (Click!) 
お値段が高くて、2階リビングで使っている木製ブラインドの倍はします・・・。

でも、その分の効果はバツグン!
畳コーナーは西日がきつくて15時頃からブラインドを閉めないとそりゃもう大変ってことになるのですが、
普通のブラインドを閉めてしまうと、家全体が暗くなってしまう。

ところがこのアカリナを閉めると、西日がきつくなればなるほどその光を室内に反射してめちゃくちゃ明るい。
かといって、西日のギラギラとした感じはなし。
写真だと上手くうつらないけど、


 

Img_d0b85902839d1d664d2c3be38fd735e8
日が落ちるぎりぎりまで照明いらず。(でもこの写真、本棚の照明ついてるな・・(笑)。)


お値段は高いけど、それに見合うだけの買い物だったなぁ~。


ちなみに、その効果を実感するのは西日が直接あたる時間帯だけで、
それ以外の時は閉じた方が明るい??かな???っていう程度です。

なので、光がよく入る窓こそオススメって感じですねー。



 

Img_8843e5a416c981e5c0be37d8be8e98ae
新しいお家でも
Img_40191afc22bf68f155d5315ccb20e10d
一緒にお料理しております。
Img_9b62421259e1b5a30299c596f1c98c83
いつもサラダ担当のひーこ。
Img_f386d9791e2deeef01bff8bf104ab894
なかなか上手に切れてる。


休日の朝食はホットケーキで、昼食はパスタというのが定番化 
ひーこのお手伝いは、ホットケーキであれば卵を割って、材料を全部いれて混ぜるのがお仕事。
昼食の時は主にサラダ担当。
(しかし、自分で切ったからといって食べるかというとあんまり食べない。)

インドア派親子なので、休日のお料理も遊びの一つです。


窓に向かってのI型キッチンは、お料理をしている姿を見せることができて
料理に興味を持ってくれてるんじゃないかなーと勝手に思ってます。
すぐ後ろを振り向いたらダイニングテーブルが作業台になってくれるので、それも使い勝手は良い。


 
Img_d1659e8804d23b997d2a9f1353aaaa39
基本的には前の家のキッチンと同じ並び。


ひーこには前の家のキッチンも覚えていてほしいなー。
無理かなー。




 

 
Img_5b21d02574ba6111f60c2134ea43d14d
帰ってきたのニャ!


新築してからのお客様ラッシュもひと段落つき、アンズとチャトが帰ってきました!!

我が家に来てキャリーを開けたとたん、トイレの奥に逃げ込んでそのまま篭城。
ニャンズのトイレを置いてあるそのまた奥に2匹ぎゅうぎゅう状態。

・・・トイレの場所は覚えてもらえたかしら?



13時に帰ってきて、そのまま篭城すること7時間。
20時頃にようやくアンちゃんが少しずつ出てきてくれるように。
一番最初はカリカリを3粒くらい食べてまた猛ダッシュで帰っていったけど・・・。


 

Img_eec6c8d7778cf7d19659435274d17458
アンとチャトの帰宅を心待ちにしていたひーこは大喜び。
Img_e27301ca20a9f33cc497a120afe5d230
この方はこの時点ではまだまだ
Img_e0b50a5fb093a55bad9f6880b4f15c50
ずーっとここ。


1階の電気を全て消して皆が2階にあがり、ひーこも寝て23時すぎくらいにようやく2匹ともでてきた。


 
Img_2a5ba729bc90f9f05e68ede852954f4e
ニャンズが帰ってきたので、夜は台所のドアを閉めて。
Img_a873b9c3ceb85286666b71eedbeaae41
にゃんだかんだとお家を点検中。
Img_4542f63920e885ad9587cf1dfef5e263
そうよね。そうよね。それ、気になるよね(汗)。(シェードの操作紐)


2匹ともやっぱり外にでられるドアを探している様子。
これはきっとドアを爪でやられちゃうよね~。



 
Img_5b242d08d08a697fe8f6d3beccfa4acc
最終的に
Img_5eb6211d907c3778582b08c9c728c7c8
ソファでまったり。


この後、夫が自分の部屋から出てきてチャトはトイレに逆もどり。
慣れていくのはこれからだね。




約1年間も2匹を預かってくれていたのは、友人の りとRさん。
りとRさんの長男の部屋で一緒に生活してくれていたんだけど、
この長男君は2匹と一緒に布団で寝たり、2匹にダブルで顔を舐められたりと
どっちが本当の飼い主??と言われてもおかしくないくらい2匹を可愛がってくれていた。
(ちなみに、チャトは私の膝にも乗ってくれたことないし、夫にいたってはチャトを触ったことすらない。)

その2匹を我が家に戻すことになり、長男君はこの日は大泣きだったらしい・・・。


本当に可哀想なことをしてしまい、なんだかもう申し訳ない・・・。

しかもこの2匹。
長男君の部屋の壁で爪とぎしていたらしく、長男君の部屋の壁は全てボロボロに・・・。

・・・本当に重ね重ね申し訳ない!!(勿論張替えは我が家で)




 
Img_5c82aa889bda3721c5b1304fc9fa165b
庭の畑で「トマトがブドウみたいになってる!」とひーこが言うので、なんだそりゃ?と思っていたら
Img_6ed3ffe3e994aba48dfeec2566ed12dc
あぁこういうことだったのね!


トマトってこういうなり方するんですね。
初めて知りました。




 
Img_ef2e731c53d2a4548a493b25bc201595
みんなに「お庭があって羨ましい!」と言われるこの庭は


実家の庭なので、我が家はなーんにもせずとも良いのが嬉しい。
一番羨ましがられるのは、草むしりをしなくて良いという事実。
皆、草むしりに相当悩まされているらしい。

我が家の新築をするために、庭の中央にドデンと建設されていた物置小屋を撤去したことで、
小さいながらも畑ができて、亀ばあ(と、ひーこ)がせっせとお世話しております。

今は70を越えた亀ばあ。
若い頃からの趣味は数知れず。
若い頃からしている九谷焼では日展で賞をいただけるまでになり、
京都まで買い付けにいく古布で洋服を作っては、東京の高島屋で作品を売るというところまでたどり着く。
「若い頃はフランスが夢だった」と、50代から英語、フランス語を習い(これは全く実にならなかった様子)
60でフラメンコを踊って、70の時は乗馬にのめりこんでいた。

そして70を超えた今は、ひーこのお世話と庭のお世話。
庭のお世話といっても、草むしり、水撒きだけでなく、
実は庭においてある石の数々を配置したのは全て亀ばあが一人でやったもの。
趣味、土木工事・・・。


私もいつかあんなばあちゃんになりたい。



 
Img_b90b79adc74b3a2ae028ef7bd1a8b1c9
ひーこが「じぃーーーーーー」と見ているのは
Img_413f16b54fff0f5962d4e278efe78894
友人の華麗な蕎麦茹で。


先週末の話。
ずっと前に一緒な部屋で働いていた友人が来てくれた。
「新築祝い代わりに、お料理は全てこっちで用意するよ!」と気を使ってくれて、
私は掃除をして待っているだけという素晴しいお客様!

Hさんは自分で打った蕎麦を持って来てくれて、我が家で茹でていただいたのでした。
(蕎麦は時間が勝負なので、急いで食べた結果写真はなし・・・)

この日来てくれた友人と一緒に仕事をしていたのはもう10年近く前?
喋り始めたらもう笑いが止まらない!
仕事仲間を超えて、これは一生の友人だねぇって思える面々。
そう思える友人がいっぱいいるのが本当にありがたい。



家を新築してから、いろーんな人に来てもらって(主に私の友人)、
いつも会ってる人から、懐かしい顔まで、それぞれ会う毎に「この人と友達でよかったー」って思う。
皆、前向きでパワフルで人生を楽しんでいる。

私もがんばらにゃ!



そんな皆に「家を建てて初めて、私って凝り性だったのねぇ~って思ったよ」と言うと、
ほぼ全員が口をそろえて「え?それ、かなり前から知ってたけど?」。

すごいねー、皆見る目あるね。
私は自分自身が凝り性だなんて、家を建てるまで知らなかったよ・・・。




 
Img_49615e9474024e8e0735c61e87261263
ニャンズはソファがお気に入り
Img_648d93cbe0d67c598a342840c7a827c1
おかげで
Img_a6f722350eb901b0913b6b78f73e01e8
せっかく買ったニャンズベッドが活用されません・・・。


ニャンズベッドの横に置いてある爪とぎは2匹ともすぐに気に入ってくれました。
爪とぎ一つでも結構好みがうるさくて「爪とぎ?そんなのソファが一番よ!」ってこともあるので、
用意した爪とぎを使ってくれて一安心。
(ソファを爪とぎと認識することだけは避けたい・・・。)


アンもチャトもトイレの場所は覚えたけど、チャトはまだ扉を開けられず。
なので、ニャンズのトイレに行くための扉は開けたままにしてあります。
アンはすぐに覚えたんだけど、やっぱりビビリーなチャトは扉に対してもビビッてる。

アンは昔から人間大好きだったけど、チャトも前より人間大好きになっている!
夫に対して威嚇しないなんて!今まででは考えられない!!
りとR家で人間不信に対するリハビリを受けてきたんだね~。
(その前にも我が家に3年はいたけどね)

私一人だけの時なんて、アンもチャトも寄ってきてお腹だしてゴロゴロになってます。
チャトすごーい!



人間不信に逆戻りしないように、夫に「目を見ちゃだめ!」「チャトをいないと思って生活して!」とお願いしております。
今に夫の手ぐらい舐めるようにならないかな~。

空気清浄機を24時間稼動させて、掃除機は1日1回かけて、
夫の猫アレルギーも今のところは症状はでていないみたい。
この調子で徐々に慣れていってほしい~。


 
Img_bc9e07519b31438b6e33a375e76fb715
しかし、キッチンの上に登るのだけはやめてほしい・・・。


ステンレスの天板に足跡がすごい・・・(汗)。




 
Img_4e02e47ec98c79363df2f5848bb87541
パパとなんちゃってカプラで遊びだして
Img_eb09785648e4d5ac9e35cc7a84d7fdef
これは?ナスカの地上絵?それともマチュピチュ?
Img_557f0f17f3b56119bbd52356a512f961
お人形さんのお城だそうです。


こういう独創的な遊びはパパの方が得意。

いつもは玩具を片付けて寝ないと「ゲジゲジが来るよ!」と言ってあるのだが、
大作だったために一晩そのままに。




ゲジゲジは実家で家の中に出るなぁ~と思っていたら、
新築した我が家にももれなく出た。

調べてみたら攻撃性はなく、噛まれても毒は弱いとのこと。
どちらかというとゴキブリを食べる益虫らしい。(でも家の中にいるのは嫌だ)

先日ゲジゲジの足だけが床に残されていたので、
「こ、これは、ニャンズが食べちゃったに違いない!」と、早速検索してみたら、
やっぱり猫がゲジゲジを食べることはあるそうで、ゲジゲジの毒は猫が食べても大丈夫とのこと。
でもゲジゲジを食べたその口でアタシの手とか舐められるのは嫌だなぁ~。


ところで。
ゲジゲジはトカゲみたいに敵に襲われたときに、足だけを自分で切って逃げることができるらしい。

あれ?もしやこの前みたゲジゲジの足は・・・もしや逃げ切ってるかも??

んー。
ニャンズが食べてても嫌だけど、取り逃がしてても嫌だなぁ・・・。