こねこねブログ
Text Size :  A A A
|  ブログ  |  掲示板  |  mail  |
Img_e0d0e0908d7bc5c3a111facae489a7f6
ケンパ


本日よりバス登園をやめて徒歩でママと一緒に保育園に行くことにしたひーこ。

いろいろと理由はあるが、ひーこの「ママと一緒に保育園生きたい!」という希望が一番の決め手。
来年から小学校だし、歩いていく練習にもなるよね・・・と、あえて車や自転車で送るのではなく徒歩で。

おかげでひーこは朝6時には起きてもらわなきゃいけなくて、不安がいっぱい。
当の本人はそれはもうやる気満々で昨日は「今日の夜はお布団でお話できないよ!」と早く寝る宣言をし、
本当に朝の5時半に起きて、朝の支度もちゃんちゃんとこなしていた。
(これがいつまで続くのかが問題・・・)


そして帰りのための自転車を持つ私の隣で、しっかりとママの洋服を握り締めて登園したひーこ。
そういえば外を歩くのに手をつながないことが殆どないもんね。
この洋服を握り締める手がいつの間にか離れるんだろうな・・・と感慨深い。


私も保育園に行くときにお母さん(亀ばあ)と一緒に歩いた記憶があって、
たった1年だけだけど、楽しい記憶になってくれればいいなぁ~とおぼろげに思う。

本当は帰りも延長保育にしてお迎えに行ってあげようかな?と思ったけど、
それは「いや、帰りはばあちゃんちでテレビみたい」と断ってきたひーこ。

いきなり朝も夕方もひーこが家にいかなくなったらばぁちゃん達も寂しいだろうしね。
それはそれで良かったのでした。




 
Img_70c48a34248a1bffc9219a1b0a616377
GWの初日は・・・


日中はひーこをパパにあずけて、家の掃除やあれやこれや。

日中に遊べなかったぶん、ひーことは夜寝る前に遊ぶ。
ひーこがやりたがったのは「ペアゼット!」

「ペアゼット」とは。
5月号から届いているZ会のワークの一種で、
Z会の年長さんは、1日1枚のワークと、週末に親と一緒にかかわって行うワークがあり、
その親が一緒にかかわるワークの名称が「ペアゼット」。

この前のお休みの時は、バスタオルの下に隠した物を、中を見ずに手の感触だけで当てるというワーク。
ひーこは「こんな面白いワーク、初めてした!」と目をキラキラ輝かせていた。


そしてこの日に選んだのは


 
Img_7c7bf131848ecc7a035be0016c6d4558
ぱくぱくもぐもぐくん


家にある道具で玩具を作ろう。そしてそれで遊ぼうというワーク。
狙いとしては、玩具は自分で作れるとか、自分でどんなものを作れるかという想像力を養うことらしい。
こういうのは得意分野(笑)。


 
Img_8eb2e642e74ae23358c17cbd91b43782
あたしねぇ~
Img_368bbb2411715b618f4fe5ba12cc652a
ハサミで切るの得意ねんよ。


どのくらい得意かと言うと「得意じゃない子より得意なぐらい」らしい。はぁ。

この工作では初めてホッチキスとスティックのりを使用。
ホッチキスは前々から気になっていたらしい。


 
Img_dbcec61549a01272f2bff7bf4afc270f
そして出来上がり(写真は翌朝撮影)                                                                           手前のニャンコはひーこ作で、奥の恐竜がママ。
Img_35b867781ac58f61d096c3c59286cd3a
餌は左から「から揚げ、納豆巻き、鉄火巻き、イチゴ、おしんこ巻き、かっぱ巻き、魚。上がキャンディ」
Img_c90d0720503424c9aa68aabe0e2b8627
ぱくぱくぱく~。

餌は自分たちで考えて作ることになっており、ひーこは「イチゴ」を自分で考えて作ってた。
あとの海苔巻きとかは、いつのまにか夢中になって楽しんでいた私作(笑)。


全部できなくても、面白そうなのだけ選んですることもできるので、
暇な日に「じゃぁやろうか!」ってくらいの気持でできるのがまた良し。

すでに出来上がっている玩具ではなく、家にあるもので体験しようというのが私好み。
お料理も毎月必ず1つはあるので、お料理好きのひーこはそれも楽しみらしい。


いろいろと狙いがあるペアゼットだけれど、単純に一緒に遊べてとっても楽しい。
これを機にしまじろうをやめようかと思ったのだけれど、ひーこはそれを許さず。
しまじろうは亀ばあと、Z会はママとすると決めたらしい。
小学校になって宿題がでてきたら流石にしまじろうは止めることになるだろうけど。



 
Img_97badb171aadccbab8e121af636df42f
我が家にきた女子は必ず着るドレス。


GW2日目は、我が家で職場のママ友会。

お昼は我が家でカレーを作って、皆が持ってきた山のようなスイーツでカフェのよう。
(ワッフルメーカーを持ってきて焼きたてワッフルを振舞うツワモノも。)


子どもが全員女の子ということもあって、皆でキャーキャー言いながら遊ぶ。
子供達が遊んでいる間に、ママは普段のあれやこれやの話に夢中。
(あまりに夢中すぎて写真を全く撮らなかった)

ひーこは嬉しすぎて途中から変なテンションになってたなー。
我が家に保育園児女子が来ると必ずドレスを着るのだけれど、
年中さんのSちゃんがドレスを着てあまりにも嬉しそうだったのがすっごく可愛らしかった。


ママ達は殆どずーっと喋りっぱなしで、子供達はいつの間にやら外でボール遊び。
そのとき、ふと、ん?男の人の声が聞こえる。
もしや「うるさい」とか叱られているのか??とビックリして外にでると、

なんと散歩中のおじいちゃん(95歳)が子供達と一緒になってドッチボールして遊んでた・・・。
しかも結構長い時間・・・。

おじいちゃんも子どもと遊びたかったんだろうなー。




こういう集まりも、子どもが小学生になるとだんだんついて来なくなるらしい。
同じ年の子がいても、やっぱり普段から遊んでいる子じゃないから緊張するのかな。
うちのひーこは一人っ子だからか、初めて会う子でも割と仲良く遊べる方だと思うんだけど、
それもいつまでなのかな?




 



Img_286ea61a4eafd1c7826cf3592858207b
木下大サーカス☆


GW3日目(5月4日)は、Rちゃん一家と木下大サーカス。

サーカス初めてのひーこは勿論、小さい頃に確かサーカス行ったよね?ぐらいの記憶の私と夫もめちゃくちゃ楽しみ。
今年は北陸新幹線開業記念で、金沢公園は26年ぶりですって。

場内での写真撮影は禁止のために中の写真はないけれど、すっごく楽しかった!
サーカスってこんなに楽しいんだ!って改めて思ったくらい。
というか、子どもが見るよりも大人になってから見た方が「おぉぉぉ!すごいーーーーーー!!」って感動するかも。

GWの真っ只中ということで、とっておいた指定席(ロイヤルブルーの席)が大当たり!ステージの真正面だし、ピエロが通る通路のすぐ近くだし。
いろんなアクロバットも真正面から見た方が絶対に正解。
指定席券(1人1200円)も高くないと思える席だった。


朝早くから起きていたひーこは、実はサーカスが始まる前まで微妙に愚図っていたのだけれど、
サーカスのキラキラの照明に度肝を抜かれ、その後もなんとかかんとか保っていた。
アクロバットとかマジックとかよりも、ピエロとか動物の方が真剣に見てた。
大人とはやっぱり視点がちょっと違っていたかな?

そんな中、ママもひーこも度肝を抜かれるような出来事が。

後半でピエロが観客の中から男性4名をステージに連れていって椅子を使ったパフォーマンスをするというのがあって、
その中の1人にパパが連れて行かれちゃった!!
これにはひーこも大興奮!
「パパ!パパがーーーーーー!!!!!!」って大喜び。

椅子を使ったパフォーマンスも大成功で、ひーこは「パパすごいーーーーーーー!」って歓声をあげていた。
ママもビックリの出来事で、夫本人も大興奮。
良い思い出になったよね。

私も夫も小さい頃のサーカスの記憶は「バイクのショー」だったんだけど、
きっとひーこのサーカスの記憶は「パパはサーカスの団員になっちゃった!」になると思う(笑)。




サーカスを見たあとは、Rちゃん一家と金沢海みらい図書館へ。
入館した時間が遅かったので、あまり時間はとれなかったけど、


 
Img_e6972092f14348541fb587ec69530e6d
Kくんと一緒にウォーリーを探せをするひーこ。
Img_e33f9576abc9ef242c3c9dfa8bed53d9
同い年なので何かとライバル心を燃やす2人。


Rちゃんちの弟のKくんとひーこの同級生コンビを微笑ましく見たり、
お兄ちゃんのSくんの深海魚うんちくを聞いたりと、心なごむ時間が持てた。

SくんKくんの兄弟は、男の子の2人兄弟だけれども、優しくて社交的でひーことも上手に遊んでくれる。
兄でも弟でもどちらでもいいから、我が家の婿養子になってくれれば・・・。
ひーこ、今からなんとか頑張ってくれい!

Rちゃんとはあんまり話できなかったけど、今年中にママのみで旅行に行きたいねと言う話もしたし、
その時にゆーーーーーーくり話するのも楽しみ。




 
Img_b8199184ad966ee0c7a5293830419df4
そして帰りの車の中で眠ってしまったひーこ。


前日のママ友会の後もそうだったけど、夕方から22時くらいまで寝ちゃって、
それからお風呂に入り、本格的に寝るのは24時過ぎ。
それでもなぜか朝は7時には起きてきちゃって、そして日中に愚図る。

GWはどうしても生活スタイルが崩れてしまうよね。
それもまた良し。




 
Img_5bd576fedde7875c74035b661ee221e8
子どもの日は
Img_16da4538a2c68cab87e3f76374bbc56d
いつから「子どもが玩具を買ってもらえる日」になったんでしょうね。


じいちゃんが嬉しそうだからいいんだけど。




 
Img_64102ba66db1fcb776afecc4b1c5bdf4
ラ・フォル・ジュルネ金沢

毎年GWに楽しみにしているラ・フォル・ジュルネ金沢。

今年は夫が早々に3歳から入れる演奏会のチケットを入手。
しかし、3年前のひーこが2歳の時には、0歳から入れる演奏会で愚図って早々に退散する羽目になった我が家。

この日は特にじいちゃんに玩具も買ってもらっていたし、ひーこの気分的にも演奏会でないことは確か。
前日のサーカスでも愚図っていたひーこが、クラシックの演奏会で愚図らずに居られるかは甚だ疑問。

ひーこに「演奏会行く?静かに聞いてなきゃいけないよ」と言うと
遠慮がちにだけれども「・・・じいちゃんちで遊んでたい」とのこと。
そりゃそうだよね。


結局ひーこはじいちゃんに託して、演奏会は夫と2人で。
夫は「ひーこの分のチケットはどぶに捨てたな・・・」って言ってたけど、
ひーこを連れてきていたら、3人分のチケットをどぶに捨てていた可能性大。

会場にはひーこぐらいの子も来ていて45分の間、愚図る子は一人もおらず、皆静かに聞いていた。
こういう子は普段から音楽を聴く習慣ができているんではないだろうか?
普段から音楽を聴くこともないのに、いきなり45分静かに聞いているんだよってのは辛いものがあるよねぇ。

 
Img_8424ca6dbc41db4b4d72cd2613ed7f26
こういう野外のステージから慣らさないと・・・


夫は意外にクラシック好きなので、毎年有料の演奏会を聞きたがるんだけど、
来年に向けて、この1年かけてひーこに音楽に触れさせるようにお願いした。

しかし夫は「もうひーこは実家にあずけて行けばいいんじゃないの?」という気持なので、
どうなるかは・・・?


 
Img_540cec386ec155c7909aa86182c1b409
GW最終日


連休最終日は特に何も予定を入れない日。
でも、ひーこは遊ぶ気満々で「今日は何するの?」って目がキラキラ光ってる。

えぇーーーっと、今日はねぇーーーーーー。

ということで、またもや「ペアゼット」の出番。
「いんげんのごまあえ作り」を買い物から挑戦しましょう!

と言っても、家から一人でお使いに行かせるのはまだまだ危険なので、
お店まで連れてって、この日は「初めてのレジ」体験。

家でレジの練習を何度も繰り返して、これまたやる気満々のひーこ。
なんとか「いんげん」までたどり着きレジに持っていくも、レジの前でもじもじしてしまいなかなか行けない(笑)。
レジのお姉さんも気にしてるし、こっそり見てる私も夫もじれったーーーーーい!

3~5分はもじもじして、意を決してレジに行ったひーこ。
はにかみながら「買えたよ」とママに報告。
もう今日はこれだけで大満足なんじゃない?

とはいかず、
家に帰ってから早速調理開始。
今回は、ごまをすること、インゲンを切ること、ガスをつけて茹でること、味付け、と全てひーこにお任せ。
ガスをつけるのは初めてだったので、写真を撮ろうとカメラまで用意していたのに、
結局全く目が離せなくてカメラどころじゃなかった(汗)。



こんな楽しい時間がある一方、ひーこは最近ものすごい反抗期。
自分の思うとおりにならないと、途端に機嫌が悪くなりママにわざと嫌なことを言ったり反抗したり。
でも、それもこれも成長の証。
いつまでも可愛いがられるだけの子どもではなく、自分で考えて自分の言葉で話して自分で決めて自分で行動する。


ひーこの成長に負けないように、母もしっかりしなければ。



 



Img_3a97ef0a020d4d34477ef39977f16191
母の日に「おてつだいけん」



今年の母の日は、保育園で「おてつだいけん」と「かたたたきけん」とカードスタンドを作ってくれた。
カードスタンドの形は「リボン」だそうだ。
男の子は「かっぱ巻き」とか作っていたとのこと。男の子の母も楽しそう。


 
Img_261a37653aef62807006cbedfbef2510
そしてもう1つ
Img_ef70bb6e0830d8a9b0e138001fa3f271
母の日といえば、やっぱりお夕飯を作ってくれるよね。ね。ね。


という誘導の元、お夕飯を作る羽目になった夫とひーこ。
夫は「カレーか親子丼しか作れん」って言うので、本日のメニューはカレー。

きっと全国でこの日はカレー率が高いと思う。



 
Img_ffcaf8cf5a9434a491e45a0b3f884caa
そうして出来上がったカレー。(サラダは前日の残り物)
Img_d7af3717c884b81abdd1cbe5a309d9d3
美味しかったよ。ありがとう。


ひーこが一日中「母の日!」「母の日!」って頑張ってくれて、
ママにありがとうって言いたいんだなーとヒシヒシと伝わってきた。

今のひーこは、家の中でママと目があっただけで「ママ、大好きだよ」とか「ママ、ありがとう」って言ってくれて、
それでママも「ママだって、ひーこが大好きだよ~」と子供劇団が始まる訳なのですが、
子供のとっての「母」って当たり前だけれど、本当に大好きなんだなーと思う。


という気持で読んだ「伸び続ける子が育つお母さんの習慣 (Click!) 」がとても良かった。
今のひーこを見ていると、今が生活習慣のつけどきという感じがする。
今の関わり合いで、これからが決まっていくのだろうなーという感じ。

というわけで、今は

・早寝早起き
・挨拶はしっかり
・勉強は楽しいものと刷り込ませる
・大人になってしてはいけないことは、小さな子供でもダメ
・外遊びをいっぱいさせる

ということに気をつけようと思っている。


特に早寝早起きは私自身が金曜の夜から日曜の朝にかけてできていないので、母自ら直そうと思う。
外遊びも我が家では気をつけないとさせられないので、頑張る。

「勉強は楽しいものと刷り込ませる」というは、実体験で私は小さい頃勉強するのが好きだったから。
でも、世間では「勉強=イヤなこと」「勉強=子供がかわいそう」って言われることが多くて、
私も小さい頃には勉強が好きってなんとなく言葉にだしては言えなかった。
特に勉強ができたわけではないけれど、漢字の書き取りとかプリント学習とか無性に好きだった。

ひーこも今のところ机に向かうことは嫌いではなさそうだし、
Z会のワークを楽しんでやっているので、好きなものは好きという風に育てていきたいなーと思う。

そして何よりも「挨拶」はやっぱり大事。
大人になってからも「挨拶」って重要だなーって思う。
ただすればいいってもんじゃなくて、気持ちの良い挨拶が出来る子になってほしい。



 
Img_b7665ce561e73fe7a06874f78dd08faa
ポン太の街へ


1週間前の週末。
日帰りで滋賀県に行ってきた。お目当ては



 
Img_821e5acaa52ba0a1f7137ca420fc2193
リサ・ラーソン展


と、ひーこと家に閉じこもらないことが目的。
だってだって家にいると、目下反抗期中のひーこと一日中ケンカみたいな言い争いになって
もう嫌なんだもんーーーーーー(疲)。

というわけで、夫に「どこか行きたいー!」と言ってみたところ、
もうすでに時間は11時と遅めの出発だったにもかかわらず滋賀県まで行くことになりました。


リサの可愛らしい動物の陶器とはいえ、やっぱり見てるだけでは愚図り気味のひーこ。
私がおんぶして一緒に話しながら見てまわって、なんとかぎりぎりだった。
子供連れも多かったので許してもらえたレベル。

shopをゆっくり見たかったけど、そこでは愚図りまくって全然見せてくれなかった・・・。


そんなひーこは外に出ちゃえば


 
Img_001ba7f6dfd2b52fd0ca4ff55d9c7085
「にんにんにんにんにん!」って忍者になってみたり
Img_3d3d95347993bf036ff6f3bfcd14e477
外ってだけでご機嫌になった
Img_0b73369e1e4a6fa5f4975684051e1cb4
展覧会があった敷地内の広場で
Img_f4e8aafddcb682e3faa2974364f5ed2d
いっぱいいっぱい遊んで
Img_8bb46eb0b3473aca41ab091a51dfb735
狸もいっぱい探して
Img_40c1550d8d941fe6cd88820efbc101ab
楽しい1日に。


リサ・ラーソン展自体はすぐに見終わっちゃう展覧会だったので、
14時に到着してから見て、そして広場で遊んでもまだまだ時間はある状態。

ひーこもまだまだ遊び足らないし、私もせっかく滋賀まで来てそんなに早く帰るのもなんだよね・・・ってことで、
もう一つ、ひーこを遊ばせることにしました。


つづく。


 
Img_95472ec7e96adbfac04c014e6f99120d
次に向かったのは


甲賀市水口スポーツの森。
リサ・ラーソン展に向かう途中、何か面白い公園あったよね?ということで行ってきた。

いってみたら思っていた以上に充実していて


 
Img_2ce81b4152d9e312616bab379b0af6c8
公園大好きの
Img_f0b9aec7c0834b7f0156894f133f959e
ひーこは勿論
Img_ac19ceee0385264acd6f5f12dfefadb1
夫も何かと
Img_96f8d4c2d926c8232e15c225531e964e
楽しそう。
Img_1ba39711b30669e2634f37ee5c971400
この公園、家の近くに欲しい~。


こんなに充実した「ふれあい広場」だけれど、甲賀市水口スポーツの森のほんの一角。
水口スポーツの森にはその他に「陸上競技場、野球場、多目的広場、プール、テニスコート、ロッジ、キャンプ場」と、甲賀市ってスポーツにこんなに力いれてるの?ってくらい充実してた。

そういえば、前に京都に日帰りで行った時も結局大きな公園を見つけて遊んでた。
5歳児を連れた小旅行ではまだまだ公園は重要。
というか、5歳児は小旅行なんかよりも、近所の公園が好きなのかもね。


でも、私は久しぶりの日帰り小旅行で、なんだかすごくストレス発散できた。
土曜日に日帰りでお出かけすると、翌日の日曜日にのんびり家事をしても充実感あるし、
今年はもうちょっと日帰り小旅行を計画しようかな。



さて。
大人がクタクタになるまで遊んで、もう帰る時間。
小旅行の楽しみの1つに、その土地の食べ物を食べるというものが。
この日は夫が食べたいというので


 


Img_28301d5caf9bfe909201a939e375bcc7
近江ちゃんぽん。


夫が「日本3大ちゃんぽんらしい」と言っていたけど、帰って調べてみたら日本3大ちゃんぽんは
「長崎ちゃんぽん」「小浜ちゃんぽん」「天草ちゃんぽん」でした。惜しい(?)。


近江ちゃんぽんは、最初の半分を普通に食べて、その後レンゲに1杯くらいのお酢を入れて食べるのが通の食べ方らしい。
でも調子にのってレンゲ2杯もお酢をいれるのは・・・オススメしません・・・・




普段違うことして、普段と違う食べ物食べて、日々のストレスも発散した1日でした。
次はどこに行こうかな♪



 
Img_42a09cb85343612f6e1bc86a29b1ae5b
参考文献


本日からひーこは「おだちん方式」でお小遣い制にしました。

ちょっと買い物に行った時に、特にほしい物でもないのに「買って!買って!」と繰り返す事があったり、
「おこずかいもらうようになったら自分のお金で買うから12歳になったらゲーム買っていい?」と聞いてくる事があったり。

言葉にしてお金のことを教えてはいたけれど、どうしても感覚がわからないんだろうなぁ・・・と思い、
実践に移すことにしました。

・今日からはひーこに「仕事」を与えて、それができれば1回10円のおだちんをあげる。
・今後は、そのおだちんを貯めて、自分のほしい物(おまけ付きのお菓子、妖怪メダル、妖怪カード、100円ショップで自分がほしいと思った物を想定)を買うことにする。
・自分のお金で買う物については、ママは一切「ダメ」とは言わない。
 (持っているお金で買える物かどうか判断するために、事前にママは値段だけチェックする)
・自分のお金で買う物については、自分でレジに持って行く。
・自分のお金は自分で管理する。

等々の取り決めをひーこと相談。
ひーこに「ひーこは自分でいっぱい考えられるから、きっとお金の管理もできると思う」と伝えると
「私もそう思ってたの!うれしい!やってみる!」とやる気満々。

ひーこのお仕事は以下の2点。
・朝、パパが起きる前に新聞をとってきて机の上においておく
・朝、リビングの障子を開ける

もちろん、新聞をおく机が散らかっていたり、障子も中途半端に開けてあったらおだちんはなし。


本当は小学生になるタイミングではじめようかと思っていたけれど、
きちんと話をしてみると、ひーこも結構わかっている。

毎朝の仕事の意味についても聞いてみると、
「新聞はパパが朝読むから、気持ちよく読んでもらうためでしょ。」
「リビングの障子は、朝開けると皆が気持ち良いからでしょ。」と理解している。

それどころか
「ママ・・・、もしかしての話なんだけど、お買い物に行ってその時に欲しいと思っても
次の日になったら欲しくなくなるってことある?」と聞いてきたり、なかなかわかっている。

もちろん、失敗もいっぱいして、頑張って貯めたおだちんを一時的に欲しい物に使ったり、
頑張って貯めた!と思ったら見込み違いでまだまだお金が足らなかったりという事もあるだろうし、
欲しい物の金額がどれだけ頑張れば貯まるのかを経験してほしい。

ひーこがどんな物を自分のお金で買って、そして大切にしてくれるのか、
今からちょっと楽しみ。


 




Img_7d731bcd5d9a5ded4762bc52ac838e93
我が家のパキラ


結婚したときに友人から贈られたパキラ。
我が家に初めて来た時は、今のひーこよりももうちょい高いくらいだったのに、
10年も経つと2倍くらいにまで成長した!

結婚当初から8年間すんでいた前の家は寒すぎて、パキラが枯れそうになっちゃうので、
実は8年間実家にあずかってもらっていた。
去年家を建ててようやく我が家に連れてこれた。

10年も経っているのに元気いっぱいで


 
Img_1b77c744a8a69cd8f820ce4c6a0d1361
春から初夏にかけて新芽がぞくぞくと
Img_b9efd46f179be689518691d31cb1c216
そしてすごい速さで大きくなる。


冬もそんなに寒くない我が家でも、やっぱり春がくると一味違うのか。
5月になって新芽がにょきにょきでてきた。

ひーこも2週間に一度「グリーンにお水あげるー」と楽しみにしてる。



 



 
Img_77883d2b1583b634a1a7d16bce76cfb4
二度寝のひーこは
Img_ed85f5ee715183a9426df2c3fd35b72e
カエル寝・・・。


ただ今ひーこは5歳9ヶ月。

私は普段からひーこにいろいろと「説明」しながら育児していると思う。
聞かれたことは、なるべく納得できるように説明。
大人の言葉で、子供にはわからないんじゃない?って思うようなこともなるべく説明する。

ひーこも慣れているのか、聞いていて分からない言葉がでてくると「〇〇って何?」と聞いてきて、
説明が説明を呼ぶ我が家。
怒っている理由も、パパとママがケンカしている理由も全て説明。


ある日、ひーこに交通マナー(歩道を歩く時は車道からなるべく離れて歩くんだよ等)の話をしていた時、
「もしかしての話だけど、子供が車にぶつかることあるの?」とか、
「もしかしての話だけど、車と車がぶつかることあるの?」とかという話の中で、
「パパの車って、ぶつかったことあるんだよね?」とひーこが聞いてきた。

それはひーこがまだ2歳の頃。
伊勢神宮に家族で行った時、伊勢神宮に入る手前の渋滞で後続車が追突してきたことがあった。

え?それ、覚えてるの?と「どこでぶつかったか覚えてる?」と聞くと「神社」とのこと。
「誰とぶつかったか知ってる?」と聞くと「知らない人と」とのこと。
え?そんなことまで覚えてるの??

確かに大正解なんだけど、その時のひーこはまだまだ小さくて、ずっと車の中で玩具で遊ばせてた。
車から降ろしたこともなく、ずーーーーーーっとチャイルドシートで遊ばせてたんだけど。


ひーこに「どうしてパパの車がぶつかったってわかったの?」と聞くと
「その時ママが教えてくれたよ」とのこと。


2歳の子供でも、きちんと理解してたんだ!
そして5歳になった今も記憶してるんだ!!!!
す、すごいなーと思った瞬間だったのでした。

確か3歳の頃にはお腹の中にいた記憶はあったけど、流石に今はその記憶はないみたい。
今ももしかしてこの2歳の記憶よりももっと小さい頃の記憶があるかもしれないし、
大人になった時に、一番小さい時の記憶って何になるんだろうな。

今、ひーこに怒り倒している日々を「大きくなってあんまり覚えていてほしくないなー」と思う時があるけど、
なんか全部覚えてそう・・・(汗)。





Img_1e653715d0883301f30d2789ece289ce
義母のお誕生日にプレゼントつくり。
Img_9a9579e588c98a0d1b1ff022c9f931c6
ひーこからは折り紙のブーケ
Img_a735c9d0e1d6cc14ba3e6736fb9a5e20
そして私からは・・・・・・・・・赤福?




作ってから色の選択が間違えていたことに気がついた・・・。





 
Img_ac34a1ab6f86e40978d46261a7d61b3a
山中温泉へ


週末は義母の古希のお祝いで、山中温泉にお泊り。
義母たっての願いで亀じい亀ばあも一緒に行くことになり、これはこれで良い親孝行。

山中温泉では14時からチェックインできるということだったので、



 
Img_28367fa5a6a2f01e6b19df98e8086dbb
早めに到着して、街をぶらぶらと散歩
Img_a557a86b479ce16dc67bdabd1217bf2f
暑い日だったので、今年初めてのかき氷。


亀ばあが行きたいというので「森光子一座記念館」へ。
しかし、ひーこが絶対に愚図りそうなので、我が家だけ喫茶店でかき氷。
ひーこに森光子はやっぱり渋すぎる・・・。

その後は「あやとり橋」から「こおろぎ橋」までの遊歩道を散歩。
川沿いを歩くことができる遊歩道は涼しくて、そして観光客がいっぱい!
これも新幹線効果なんかな?
実は宿泊先の温泉を探すときも、どこもいっぱいで探すのが大変だったのだ。



 
Img_751c4d41ee85d5dc857a0404e25c6477
この人はずっとケンケンで歩いていくぐらい元気いっぱい。


しかし、大人はヘトヘト。
あやうく義母のお祝いなのに、義母の具合が悪くなるところだった(汗)。


歩いた後は温泉。
久しぶりの大きなお風呂。
宿の大浴場は露天風呂も広くてお湯の温度もぬるめだったので、いつまででも入っていられそう。
しかし、亀ばあがびっくりするくらいカラスの行水だったので、つられて私とひーこも早々に上がってきた。
あんなに早くあがるなんて、実は温泉がそんなに好きじゃなかったりして?と心配したけれど、
その後誰よりも「あー、いい温泉だったわー。お湯がすべすべだったわー。」と喜んでいた。
あんなに短い入浴だったくせに・・・(笑)。


お夕飯では、古希のお祝いということでお宿からいろいろなサービスもあり、
(嫌がる義母に紫のちゃんちゃんこも着せたし)
魚介類をテーブルで焼いて食べるというのも、普段と違ってて美味しかった☆


 
Img_28f405875f9d212e3d41aa8d3c943cc5
ひーこ画伯がその場で
Img_40025c33ea3d81eda8ca14669fd8cf52
ばあちゃんの似顔絵も描いて
Img_5d55fee864472499eff0baef763bd9cb
いっぱいプレゼントもらった義母も喜んでくれました。


義妹からはブリザードフラワーのアレンジメントのプレゼント。
お花が大好きな義母にぴったりのプレゼント。

今回は義妹がすっごく頑張っていたし、私もここは喜んでもらいたいと旅館を決めたり、折り紙でプレゼントを用意してみたり。
こんな時やっぱり男はあんまり当てにはならなくて、夫も妹とヨメの言うがままって感じだったのだけれど、
そんな夫(長男)を溺愛している義母は「おにいちゃんのさりげない優しさが伝わってくるわー。」と嬉しそうだった。
どんなときも子供大好きな義母は本当に素晴しいと思う!



その後は旅館の中にあったミニ縁日で楽しむ一行。


 
Img_79a0eae38706967b2c1511f0597b1172
スーパーボールすくいしたり
Img_138c0de90085e561b4ce651119cdad2b
初の射的してみたり
Img_1e38318e28bd091e7637906efe4b4b38
スマートボールしたり。


射的ではおじさんがひーこに「おじさんの言うことよく聞けよ!」ってかなり強い口調で教えてくれて、
それにビビッてやらなくなるかも?と思ったんだけど、
「はい!」ってくらいついて、しかも2発もあてておじさんと仲良くなったひーこ。

時間的に他にあんまりお客さんがいなくて、自由にのびのび楽しめたのも良かったのかな。
なにせひーこが喜ぶと、周囲の大人たち全員が喜ぶので、やっぱり子供の力は偉大だわ。

部屋に戻ってもひーこと一緒に花札したりお話したり。
こうやって孫と一緒に温泉につれてきてあげるのが何よりのプレゼントだっただろうなー。




翌朝は朝からご飯を3杯もおかわりしていた義父と義母。
なにより満足していただけたもようで一安心。

そして帰ってきてから疲れ果てて頭痛が・・・。
典型的な温泉疲れな私だったのでした。



 





 
Img_d74b5060f4d68026327e31fcc60f8955
家にある多肉がにょきにょきのびて、しかもなんかバサバサになってきた・・・と思ったら
Img_4d48c628bab99242f28c48b6eecef8d2
花が咲きそうになってたのでした!


火の手を持つ私にしては今回は育ってます。